So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

Murder for Two 5月26・27日 森ノ宮ピロティホール [20th Century]

坂本昌行・松尾貴史

オフブロードウェイ。2人だけのミュージカルコメディ。
2人でピアノを弾き、13役をこなしてお芝居をするという忙しい作品です。

坂本くんは殺人事件の容疑者を10役、松尾さんは警察官3役。
必然的に坂本くん、大変です。

大変ですが、とっても楽しい舞台でした。
ずっと笑っていたような気がします。

コメディではありますが、ミステリーでもあるのでネタバレは控えて坂本くんの印象を少し。(辛口込み)


老若男女を何役もこなすと聞いて・・・
坂本くん好きではありますが、演技に関してはあまり期待はしていない私は不安でしかありませんでした。

なんせ登場人物は2人だけ。しかもお相手は松尾さん。
声は良い、物まね得意(というか本職)。
未だにどうしてこの2人なのかよくわかりませんが、歌・ダンス・見た目(今回この見た目がある意味重要)は坂本くん。お芝居の流れを作るのは松尾さん 的な役割なのかなぁと思います。

とは言っても10役を演じ分ける坂本くんは凄いです。
相変わらず滑舌は悪いので始めはそればっかり気になってしまいましたが、時間が経つにつれて「すごいよー坂本くん!」という気になってきました[ぴかぴか(新しい)]

10役のうちの何役かはその役の声で歌があって、それがなかなか大変。
けっこう喉を使って無理な発声のまま歌ったりするので大丈夫かなぁと心配になります。


東京で観る予定の友達にも「珍しく大絶賛やね~」と言われたのですが、そこは「大 じゃないけど~絶賛 くらいかなぁ」と言っておきました(笑)。

やっぱり滑舌。
職業柄気になるんですねぇ。これはしょーがないです。
気になるものは気になるので。

2日目なんて初っぱなからグダグダ。
中盤では流れが止まってしまいました。

まあコメディなのでそれも笑いに変えながら詰まったら相手がフォローして繋いで行くんですけどね。

とにかく楽しい、よく出来ている舞台です。
坂本くんファンは、彼の動きを見ているだけで楽しいと思います。
松尾さんも関西人独特の良い”間”を作れる方なので低い声と共に私のツボでした。


V6コンサート大阪 9月4~6日 大阪城ホール [20th Century]

久しぶりのV6コンサートです。

踊って歌って3時間。
V6らしくみんなで歌って楽しめます。

そんな構成なので、当人たちは本当に大変だと思います。
相変わらずMCは長いですけど(笑)後半もずっと歌って踊ってお手振りして。

見る方、私たちは坂本ファン2人と長野ファン1人。
みんなそこそこの年齢を重ねてきて、3日間大丈夫だろうかと不安になりつつも(特に私)老体に鞭打ってがんばりました。

やっぱり、ずっと立っているのがだんだんきつくなるんですね。
1日目は良かったのですが2日目以降は申し訳ありませんが時々座らせてもらいました。


ここから少しネタバレ含む感想。

曲はシングル曲をすべて披露。
中には「それだけ?」という短いものもありますが(笑)「とにかく全部入れました」(いのっち談)とのこと。

個人的には、その曲はメドレーではなくてフルで聞きたかったと思う曲もありつつ、曲を聴くと当時の事が自然に思い出されて、20年という長さを肌で感じる事ができるコンサートでした。

メンバーの中で一番変わったなと思うのは森田剛くん。
この2年ほどは舞台の出演がほとんで、メディアの露出も多くはありませんでしたが、舞台俳優としての道は着実に進んでいるなと思って見てきました。

そんな剛くんがステージで見せた歌とダンスには大人の雰囲気が備わっていました。

声も、もともと高めで私的にはあまり得意ではない声質なんですけど、とってもしっかり良い声が出ていてびっくりです。(ファンの方からすると、そんなの昔から~と言われそうですが[あせあせ(飛び散る汗)]) 声に色があるというか、(声の)表情が豊かというか。
余裕を感じる歌で聞き入ってしまいました。

MCにも積極的に参加。
時々毒舌を交えながらも絡んでくる剛くんは本当に大人になったなぁと思います。

逆に健くんは変わりません(笑)。
昔から、6人の中では人間的にも一番男らしい人だと思っていますが、あの人なつっこさとのギャップはずっとあるんでしょうね。


大阪のコンサートでは岡田くん人気は相変わらずで、ひらパーの宣伝も忘れず(初日にひらパー関係者もご来場)、CMでも使われる「おま!」をここかしこにちりばめておりました(笑)。

ここまで書いてきて、珍しくカミセンの事を書いている私に、私が一番ビックリしております[あせあせ(飛び散る汗)]


途中、着替えの時間を取るためにつなぎとして昔の写真なども映し出されます。
それを見ていても、坂本くんも若いけどカミセンはホントに子供で、みんな大きくなったなぁというのが実感です。

そういう意味では、いのっちもデビューは19歳。
今では一家の大黒柱かと思うと大人になりました[グッド(上向き矢印)]

坂本くん、長野くんは20年前も大人でしたからよくがんばってきたね~という感じでしょうか。

長野くんは、長年の草の根運動のおかげで(笑)”食”のイメージが付いて、お仕事も増えてきました。本当に良かったです。

(すっかり思い出話になってますね[あせあせ(飛び散る汗)]

私はもともと坂本くんの舞台を見てファンになったので、コンサートの時も、ちゃんと声が出ているかしら?とか、歌う時に悪い癖が出ていないかしら?とか、猫背になっていないかしら?とか、勝手に心配しながらコンサートも楽しんできました[揺れるハート]

大阪での坂本くんは絶好調。3日間ともとっても満足です。
ダンスはもちろん、伸びのある私好みの良い声[るんるん]

この声を聞くために舞台&コンサートに通っているようなものなので、本当に満足です。

ひとつ、コンサートに関して苦言を呈するなら・・・
全力でラストまでやってきて、もう少しで終わるというところでアクロバット的なものはやめていただきたい[ふらふら]

最初に見た時に
「えっ?うそ?やるの?」と叫んでしまいましたよ。

見ていてヒヤヒヤします。
アレは、若ければこそ がんばれ~と他人事のように応援できるものなので(笑)。

そんなこんなで、坂本くんも身体を張ってがんばっている20周年のコンサートです[グッド(上向き矢印)]

いろいろな事を思い出すのはメンバーも同じで、感慨深いものがあるのではないかと思いながら6人で作ったという曲を聴いていました。

次は11月1日。
今度は坂本くんファン3人で記念日をお祝いする予定です[黒ハート]


エリザベート 8/20マチネ [観劇]

エリザベート・・・蘭乃はな トート・・・井上芳雄
フランツ・・・田代万里生  ルドルフ・・・京本大我
ゾフィー・・・香寿たつき  ルキーニ・・・尾上松也


新演出、新キャストでの上演です。
東京公演だけだったので今回はもう見なくても良いかなと思っていたのですが、いろいろな理由が重なって日帰り観劇をすることになりました。

今回は井上くんのトート、尾上松也くんのルキーニがとても気になっていて、さらに京本くんがルドルフというビックリなキャスティングだったものですから、3人をメインにして日にちを選択。

結果、先述のように第2希望ではありましたが無事に観劇することができました。

「エリザベート」は通算でも5回ほどしか見てないので毎回、こんなだったかな~と思いながら見ている程度です。今回も更に新演出ということで変更点もあまり分からないまま また、こんなだったかな~と思いながら見ておりました。


まず見たかった人たちから感想を。

トート・・・井上芳雄
何年か前のStarS(井上芳雄・浦井健治・山崎育三郎で結成しているユニット)のコンサートで♪闇に広がる を3人で歌った時、「井上くん、トート出来るよ~」と思わずつぶやいてしまったほど低い声がきれいに出ていて、今回のトート役はとうとう来たか~という気持ちで(笑)楽しみにしていました。

歌はもちろん、身長も高いし、雰囲気のある良いトートです。

ただ個人的に、良くも悪くも過去に観ている山口祐一郎さんのトートのイメージが付きすぎているのか(笑)あの柔らかさと強さを持った声の表情は山口さんの方が好きかなと。

おそらく、今後しばらくはトート役をやっていくでしょうから更に井上くんらしいトートを見せてもらえることを楽しみにしています。

ルキーニ・・・尾上松也
この役も初演からずっと高島政宏さんが演じていらしてイメージが付いてしまっています(笑)。

松也くんの歌をちゃんと聞くのは初めてです。
とっても良い声が出ていました。
良い意味で予想通りのルキーニです。

こうなったら、山崎育三郎くんの方が意外性があって良かったのかも~と思ったりしますが・・・演技力も必要な役なので。

ルドルフ・・・京本大我
今回のキャストでは京本くんが選ばれた事が一番の驚きでした。

確かに見た目は皇太子風でもあるし、身長もあるし、上品なイメージも備わっていると思うのですが、私の知る限りそれほど歌が上手い印象がなかったので、歌がメインの作品に出られるとは・・・。

出番は多くないけどとっても重要な役です。
よくがんばってると思います。
心配していた歌もまあまあ。
私なりに合格点をあげられるくらいには良かったです。


演出的には、ルドルフの最期のシーン。
前回まではトートからキスをして黄泉の世界に連れて行く~と記憶していますが、ルドルフからキスをするという形になっていました。

ということは、ルドルフ自身が黄泉の世界に望んで逝ったという解釈で、最期の笑顔とも繋がるのかなと思いながら見ておりました。


次があるのかわかりませんけど、雰囲気はとっても良いので是非また、今度はもう少し声量を付けて、歌に安定感のある京本ルドルフを見てみたいです。


あと、今回2階席からの観劇だったのですが・・・
今までルドルフ役の役者さんは1幕のはじめに出た後、2幕まで出番はないと思っていましたが、途中アンサンブルで出ている事に初めて気づきました。

きっと今までも出ていたんですね。
前列に出てきて歌ってるんですけどね。
全然気づきませんでした[あせあせ(飛び散る汗)]

 フランツ・・・田代万里生
役的に、年齢を重ねていくにつれて低い音域も多くなっていってテナーパートの万里生くんには辛そうではあるんですけど、フランツのシシィに対する揺るぎない永遠の愛の表現に思わずウルっときてしまいました[たらーっ(汗)]

万里生くん、演技の幅がどんどん広がってます。


エリザベート 8/20マチネ その2 [観劇]


シシィ(エリザベート)・・・蘭乃はな

宝塚退団後、初めてのミュージカル出演だそうです。

(ここからは、かなりな辛口含みます[ふらふら]

私の過去の観劇経験から、宝塚を退団して初めてのミュージカル出演という女優さんには、歌・ダンス・タップダンスの過大な期待はしないことにしています。

それでも、女優として発声も習得して音域も広くなりすばらしい歌声を聞かせてくれる方はたくさんいらっしゃいますし、公演を重ねるごとにどんどん良くなってきた方もいらっしゃいます。

娘役さんだった方は、男役だった方からすると比較的スムーズに舞台女優へと転身していらっしゃるとは思いますが、それでも地声の音域を広げたり、ファルセットへの切替に苦労されているような方も見られます。

なので、宝塚退団後の初舞台(初ミュージカル)というのは大変なことだというのはわかっているつもりなのですが。。。

蘭乃さん、まず発声がとても不安定です。
(すべてにおいてこれに尽きるのだと個人的には思います[バッド(下向き矢印)]

地声~ファルセットを切り替えるのもスムーズではないですし、自分が得意とする音域では、やたらと大きな声になります。(これは誰でもそうだとは思いますが、だからこそ調節が必要になってきます)

大きな声は出るんですけど、声量はあまりないような気がします。
でも歌う時には出る声をめいっぱい出す。
だから声はきれいではない。

時々、ファルセットがとってもきれいに延びていることもあるのですが、なぜか途中でひっかかったりします。なんでそこでひっかかるの?ということが数度。
(それも発声が不十分だからかと推察)

めいっぱい出す声には余裕がない。
余裕がないと表現力が乏しくなる。
(歌の強弱だけで表現しようとする)

歌に表情がない。

そうなったらもう聞けるものではありません。
とっても良い曲なのに、主人公が一番言いたいことなのに、こちらに全く伝わってきません。

この作品は歌がメインです。
台詞が歌となって曲と共に表現されていく作品なので歌(台詞)がきちんと伝わらないと役として成り立たなくなります。


それから滑舌も良くないです。
初めの場面から歌も台詞も、どうも聞き取りにくいなぁと思っていたのですが、後半老年になってからの場面で低い声での台詞が増えると滑舌の甘さが気になりました。


ご本人、プレッシャーもありながら一生懸命がんばっていらっしゃるとは思うのですが、観ている、聞いている者にとってはちょっと残念なシシィでした。

トートダンサー
2階席から観ていたからかもしれませんが・・・
ちょっとレベル落ちましたか?

なんとなく、迫力を感じる場面があまりなかったような。
もう少し怪しい、怖い雰囲気を出していたような気がしたのですが。。。

実は第1希望で申し込んだ公演のシシィ役は花總さんでした。
花總さんは「モーツァルト!」や「レディベス」などを拝見していたのでシシィ役もきっとぴったりだろうと思っていました。

そういう意味では花總シシィは観たかったのですが、なんせ日にちの選択肢があまりなかったので、今回は先述の3人のキャストを優先させてもらいました。


城田優くんは、以前観た舞台ではあまり歌が上手いという印象ではなかったので今回もパスしたのですが、写真のイメージや同時進行で撮っているドラマを見ていると(もちろん役は全然違いますが)雰囲気的には城田くんも良いかなと思ってきました(笑)。


来年、地方での上演も予定されているという噂も聞いているのでその時には複数回観られるように出来れば良いなと思っています。


20周年 [20th Century]

お久しぶりです。
前回はいつだったのかと見てみたら・・・
「ON THE TOWN」上演発表の時だったようです。

作品は大好きなんですけど、トニセンじゃなくても良かったかなと思いつつも、青山劇場最後ということもあって東京まで見に行きました。[るんるん]


そして今年はV6の20周年という節目の年。
先日には20年間のシングルを集めたベストアルバムが発売、
24時間テレビのチャリティパーソナリティにも選ばれて近年まれに見るメディアへの露出ぶりです(笑)。(関西では深夜の番組も坂本くんの「OneDish」も放送されていないので余計に感じます)

このブログも1年ほどさぼっていましたが、これをきっかけに少し再開していきたいと思っています。

相変わらず、観劇数は少ないのでジャニーズ話しも絡めますがまた良かったらご覧下さい。


今月は、今年初の東京遠征をします。
「エリザベート」

例年、東京公演の後は名古屋・大阪・福岡などで上演されていたので今年もてっきり来てくれるものと思ってのんびりしていたら東京公演のみとのこと。
気づいた時には6・7月の一般発売は過ぎていました。

しかもほぼ完売状態。

一番の理由は東京公演のみだから なんだと思うのですがそれにしてもすごい人気です。

結局、未だ発売していなかった8月公演を観ることにして劇場の先行発売に申し込んだところ、外れ。

仕方無くチケットサイトの先行での入手となったのですが、ここでも第1希望が落選という予想外の展開。

一応第2希望も書いておこう くらいの気持ちでいたのに、第1希望は本当に外れてしまいました。

週末の公演希望ではありましたが、それでも外れるということは過去に一度もなかったので、びっくりです。

チケットを取れただけ良かったのかしらと思うことにして来週行ってきます。


ON THE TOWN [20th Century]

トニセン3人での舞台だそうです。
映画のタイトルは「踊る大紐育」
ジーン・ケリーは大好きなのでビデオで見ていました。
舞台ではどういう演出なのかはわかりませんが、坂本くんらしいミュージカルになると期待しています
[黒ハート]

そして、トニセンでの舞台は「SAY YOU KIDS」以来10年ぶりだそうで、ほんとひと昔です(笑)。
まさかミュージカルで共演するとは思いませんでしたけど、いろいろな意味で楽しみです
[揺れるハート]


シャーロックホームズ~アンダーソン家の秘密~ 17日ソワレ [観劇]

橋本さとし・一路真輝・浦井健治・昆夏美・石井一彰・宇野まり絵
・竹下宏太郎・コング桑田・大澄賢也

韓国発オリジナルミュージカルの日本版。
日本初演で、しかもこの日が初日というまさにお披露目の日でした。

演出は板垣恭一さん。
何度か別の作品を見る機会があって印象も良かったので、板垣さんだったらそれほどはずれはないなと思ったのと、ホームズ役の橋本さとしさん。ふつうに”合ってる”と思って(笑)チケットを取りました。

最初キャストだけを知った時には、それならワトソン役は浦井くんかなぁと思ったのですが、ワトソンは女性という設定で一路さんです

全体的には、とてもよくまとまっていて楽しい舞台でした。
韓国版とは設定が変わっているところがいくつかあるとのことで、板垣さんらしいユーモアもあり、橋本さんのキャラクターも生かされていて、回を重ねていくと笑えるところも増えていくのではないかと思います。

実は、初めのうちはミュージカルでなくても良いんじゃないのかなぁと思いながら見ておりました。曲がどうこうということではなく「シャーロックホームズ」というしっかりした内容のお話なのでわざわざミュージカルにしなくても十分見ごたえはあるのでは?と思っていたのですが、見終わってみると まあこれはこれで良いのかな~という気持ちになりました。


浦井くんは、双子の兄と弟の二役。
兄は積極的で何事にも前に出る性格、弟は兄の後ろでいつも控えめに居る優しい人。
全く反対の役を演じています。私が過去に見た中では明るいキャラクターが多かった印象なのでちょっと強気で積極的な”兄役”は新鮮でした。
浦井くん、良いです[揺れるハート]


ワトソン役の一路真輝さんもイメージ一新。

ホームズとの掛け合いも面白いです。
もう少し慣れてきたらテンポも出てきて更に面白くなるのではないかと思います。
なんと言っても相手が橋本さとしさんですから(笑)。

警部役のコング桑田さんとのやりとりも面白いです。

セットはとてもシンプルですが、今流行のプロジェクションマッピングを使って工夫されています。けっこう効果的でした。

もう1回くらい見ても良かったかなぁと思います[るんるん]


フランケンシュタイン 11/25マチネ・ソワレ&26日マチネ  東京グローブ座 [観劇]

東山紀之・坂本昌行・陽月華・江守徹 他

ヒガシと坂本くんがフランケンシュタイン博士と怪物(クリーチャー)役を交互に演じるということで、結局 坂本クリーチャー2回、博士を1回見ることになりました。

むかーし昔に、何度かテレビ放送されていた映画版(白黒)は見た記憶があるのですが、今回の作品は、原作から博士とクリーチャーとの関係を主にして作られたとのこと。
私の記憶していた結末とは少し違いました。
お話としては、わかりやすくできていたかなと思います。

愛を知らない博士が作り出したクリーチャーが、見た目の醜さから人に嫌われ蔑まれて森をさまよう中、盲目の老人と出会ったことで、言葉を知り、人として生きることを知り、愛を知って、自分を見捨てた博士を探し出して愛することができる女性のクリーチャーを作って欲しいと願うが、裏切られてしまう。
そのことがきっかけで裏切るという事を知り、博士に復讐するというお話です。

奇しくも少年隊枠で申し込んだチケットとV6枠で申し込んだチケットの席が1席ずれただけという場所だった為に2公演とも前方席下手端のほぼ同じ位置からの観劇となりましたが、後日プレイガイドで取った25日ソワレが上手の2階席だったので、全体も見る事ができました。前方席だと奥行きの使い方がよくわからないので、2階席から見られたのは良かったです。


私自身が苦手なストレートプレイということで、観劇の前までは不安いっぱいでしたが、作品自体が良かった事もあってか けっこう気に入っております(^^;)。

特にクリーチャーの時は、生まれたての頃は言葉が話せない分全身で表現しないといけなかったり、復讐の鬼と化していく時は感情表現が必要な役なのでとても大変な舞台だと思います。
坂本くんは、博士役とクリーチャー役、どちらかというとクリーチャーの方が合っている様な気がします。

ヒガシのクリーチャーも純真でお茶目で良かったのですが、坂本くんとの組み合わせなら、ヒガシは博士の方がしっくりくるのでは?という印象です。

博士の婚約者役、元宝塚の陽月華さん。とてもきれいな方です(^^)。
身長もスラッと高くて、2人と並んでもお似合いでした。


Forever Plaid 11月1・5日 [観劇]

1日ソワレ(大阪ブリーゼ)・5日マチネ(名古屋・名鉄ホール)

川平慈英・長野博・松岡充・鈴木綜馬


オフブロードウェイ作品。
1964年、アメリカのコーラスグループがツアー用の衣装を取りに行く途中に交通事故に遭い4人全員が亡くなるが、本人たちの強い願いにより1日だけ地上に舞い戻りコンサートができることに。お話は、そのコンサート会場にやってきたところから始まります。

お客さんも一緒になって楽しめる舞台でした。
曲はほとんどが1950年代のもの。フランク・シナトラ、ペリー・コモなど、私も聞き覚えがあるなぁというくらいですが、とても懐かしいアメリカ音楽でした。

4人のハーモニーも時々、??なところもありながら(名古屋の方が揃っていたような)全体的にはきれいに聞こえていました。
やっぱり、綜馬さんと慈英さんは盤石です(^^)。

綜馬さんの美声を存分に聞かせていただいて幸せなひとときでした。


松岡くんは、「タイタニック」以来。
普通に上手いなあという印象だったと記憶していますが、今回は少しロックを残しつつの声だったので、個人的にはコーラスには合ってないところもあったように思うのですが、キャラクター的には楽しくてトーク(毒舌含む)もできるので良かったと思います。


そして長野くん。
一番上のパートを歌っています。
かなり高いキーもあって大変そうですががんばってました。
思っていたよりもちゃんと声が出ていて良かったです(^^)。


名古屋の劇場は、名鉄ホール。
初めてでしたが、とてもコンパクトで良い劇場です。
大阪のシアタードラマシティをちょっと縦長にした感じ でしょうか。
ほどよく勾配もあって見やすかったです。

出演者も、声の返りが良いとのことで評判は上々でした。


泊まりでの公演は名古屋で終わりとのこと。
関東近郊の公演も17日で幕が下り、大楽は青山劇場での凱旋公演。

なんだか、物語上でも感動的な最後になりそうです。
残念ながら見に行く事はできませんが、再演があれば是非予定を合わせたいと思います。


鉈切り丸  21日ソワレ オリックス劇場 [観劇]

源範頼・・・森田剛 巴御前・・・鳴海璃子
源頼朝・・・生瀬勝久 イト・・・秋山菜津子
梶原景時・・・渡辺いっけい 源義経・・・須賀健太
建礼門院・・・麻美れい  北条政子・・・若村麻由美 他

劇団☆新感線 いのうえシェークスピア
シェークスピアの「リチャード3世」を日本の鎌倉時代に置き換えて描いた天下取りを企む源範頼のお話です。


券面には4列目とあって、もう少し後方列の方が良かったねという話しをしていたら、行ってみると実質2列目。 更に前でした(^^;)。


珍しく、いろいろな番組で舞台の告知をしていた今回の舞台。
やはり生瀬さんの存在が大きいような気がします。

いのうえさんとは同年代で、同時期に「そとばこまち」と「新感線」という人気劇団にいて活躍していたということで、当時を知る友人などは感慨深いものがあるようです。


鳴海璃子ちゃんは初舞台とのこと。
なかなか大変な役ですが、良かったです。
昨年の大河ドラマの時のような凜とした姿がとても印象的です。


須賀健太くんも初舞台なのかと思ったらそうではないようでした。
パンフレットのインタビューによると、剛くんと共演した「食いタン」の時に舞台の話しを聞いていて、自分も出たいと思ったとか。もともとお芝居は上手い人なので、これからも楽しみです。


今回、源頼朝が軽いキャラクターになっていて、そういう意味でも生瀬さんぴったりです(笑)。そして、政子役の若村さんがまたぴったりでとっても怖い”政子”でした。

この後は東京公演があります。
立ち回りも多く、水を使った演出もあって見ていても危なっかしい場面もあるので無事に千秋楽を迎えられるように祈っております。


前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。