So-net無料ブログ作成

Forever Plaid 11月1・5日 [観劇]

1日ソワレ(大阪ブリーゼ)・5日マチネ(名古屋・名鉄ホール)

川平慈英・長野博・松岡充・鈴木綜馬


オフブロードウェイ作品。
1964年、アメリカのコーラスグループがツアー用の衣装を取りに行く途中に交通事故に遭い4人全員が亡くなるが、本人たちの強い願いにより1日だけ地上に舞い戻りコンサートができることに。お話は、そのコンサート会場にやってきたところから始まります。

お客さんも一緒になって楽しめる舞台でした。
曲はほとんどが1950年代のもの。フランク・シナトラ、ペリー・コモなど、私も聞き覚えがあるなぁというくらいですが、とても懐かしいアメリカ音楽でした。

4人のハーモニーも時々、??なところもありながら(名古屋の方が揃っていたような)全体的にはきれいに聞こえていました。
やっぱり、綜馬さんと慈英さんは盤石です(^^)。

綜馬さんの美声を存分に聞かせていただいて幸せなひとときでした。


松岡くんは、「タイタニック」以来。
普通に上手いなあという印象だったと記憶していますが、今回は少しロックを残しつつの声だったので、個人的にはコーラスには合ってないところもあったように思うのですが、キャラクター的には楽しくてトーク(毒舌含む)もできるので良かったと思います。


そして長野くん。
一番上のパートを歌っています。
かなり高いキーもあって大変そうですががんばってました。
思っていたよりもちゃんと声が出ていて良かったです(^^)。


名古屋の劇場は、名鉄ホール。
初めてでしたが、とてもコンパクトで良い劇場です。
大阪のシアタードラマシティをちょっと縦長にした感じ でしょうか。
ほどよく勾配もあって見やすかったです。

出演者も、声の返りが良いとのことで評判は上々でした。


泊まりでの公演は名古屋で終わりとのこと。
関東近郊の公演も17日で幕が下り、大楽は青山劇場での凱旋公演。

なんだか、物語上でも感動的な最後になりそうです。
残念ながら見に行く事はできませんが、再演があれば是非予定を合わせたいと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。