So-net無料ブログ作成

エリザベート 8/20マチネ [観劇]

エリザベート・・・蘭乃はな トート・・・井上芳雄
フランツ・・・田代万里生  ルドルフ・・・京本大我
ゾフィー・・・香寿たつき  ルキーニ・・・尾上松也


新演出、新キャストでの上演です。
東京公演だけだったので今回はもう見なくても良いかなと思っていたのですが、いろいろな理由が重なって日帰り観劇をすることになりました。

今回は井上くんのトート、尾上松也くんのルキーニがとても気になっていて、さらに京本くんがルドルフというビックリなキャスティングだったものですから、3人をメインにして日にちを選択。

結果、先述のように第2希望ではありましたが無事に観劇することができました。

「エリザベート」は通算でも5回ほどしか見てないので毎回、こんなだったかな~と思いながら見ている程度です。今回も更に新演出ということで変更点もあまり分からないまま また、こんなだったかな~と思いながら見ておりました。


まず見たかった人たちから感想を。

トート・・・井上芳雄
何年か前のStarS(井上芳雄・浦井健治・山崎育三郎で結成しているユニット)のコンサートで♪闇に広がる を3人で歌った時、「井上くん、トート出来るよ~」と思わずつぶやいてしまったほど低い声がきれいに出ていて、今回のトート役はとうとう来たか~という気持ちで(笑)楽しみにしていました。

歌はもちろん、身長も高いし、雰囲気のある良いトートです。

ただ個人的に、良くも悪くも過去に観ている山口祐一郎さんのトートのイメージが付きすぎているのか(笑)あの柔らかさと強さを持った声の表情は山口さんの方が好きかなと。

おそらく、今後しばらくはトート役をやっていくでしょうから更に井上くんらしいトートを見せてもらえることを楽しみにしています。

ルキーニ・・・尾上松也
この役も初演からずっと高島政宏さんが演じていらしてイメージが付いてしまっています(笑)。

松也くんの歌をちゃんと聞くのは初めてです。
とっても良い声が出ていました。
良い意味で予想通りのルキーニです。

こうなったら、山崎育三郎くんの方が意外性があって良かったのかも~と思ったりしますが・・・演技力も必要な役なので。

ルドルフ・・・京本大我
今回のキャストでは京本くんが選ばれた事が一番の驚きでした。

確かに見た目は皇太子風でもあるし、身長もあるし、上品なイメージも備わっていると思うのですが、私の知る限りそれほど歌が上手い印象がなかったので、歌がメインの作品に出られるとは・・・。

出番は多くないけどとっても重要な役です。
よくがんばってると思います。
心配していた歌もまあまあ。
私なりに合格点をあげられるくらいには良かったです。


演出的には、ルドルフの最期のシーン。
前回まではトートからキスをして黄泉の世界に連れて行く~と記憶していますが、ルドルフからキスをするという形になっていました。

ということは、ルドルフ自身が黄泉の世界に望んで逝ったという解釈で、最期の笑顔とも繋がるのかなと思いながら見ておりました。


次があるのかわかりませんけど、雰囲気はとっても良いので是非また、今度はもう少し声量を付けて、歌に安定感のある京本ルドルフを見てみたいです。


あと、今回2階席からの観劇だったのですが・・・
今までルドルフ役の役者さんは1幕のはじめに出た後、2幕まで出番はないと思っていましたが、途中アンサンブルで出ている事に初めて気づきました。

きっと今までも出ていたんですね。
前列に出てきて歌ってるんですけどね。
全然気づきませんでした[あせあせ(飛び散る汗)]

 フランツ・・・田代万里生
役的に、年齢を重ねていくにつれて低い音域も多くなっていってテナーパートの万里生くんには辛そうではあるんですけど、フランツのシシィに対する揺るぎない永遠の愛の表現に思わずウルっときてしまいました[たらーっ(汗)]

万里生くん、演技の幅がどんどん広がってます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。