So-net無料ブログ作成

エリザベート 8/20マチネ [観劇]

エリザベート・・・蘭乃はな トート・・・井上芳雄
フランツ・・・田代万里生  ルドルフ・・・京本大我
ゾフィー・・・香寿たつき  ルキーニ・・・尾上松也


新演出、新キャストでの上演です。
東京公演だけだったので今回はもう見なくても良いかなと思っていたのですが、いろいろな理由が重なって日帰り観劇をすることになりました。

今回は井上くんのトート、尾上松也くんのルキーニがとても気になっていて、さらに京本くんがルドルフというビックリなキャスティングだったものですから、3人をメインにして日にちを選択。

結果、先述のように第2希望ではありましたが無事に観劇することができました。

「エリザベート」は通算でも5回ほどしか見てないので毎回、こんなだったかな~と思いながら見ている程度です。今回も更に新演出ということで変更点もあまり分からないまま また、こんなだったかな~と思いながら見ておりました。


まず見たかった人たちから感想を。

トート・・・井上芳雄
何年か前のStarS(井上芳雄・浦井健治・山崎育三郎で結成しているユニット)のコンサートで♪闇に広がる を3人で歌った時、「井上くん、トート出来るよ~」と思わずつぶやいてしまったほど低い声がきれいに出ていて、今回のトート役はとうとう来たか~という気持ちで(笑)楽しみにしていました。

歌はもちろん、身長も高いし、雰囲気のある良いトートです。

ただ個人的に、良くも悪くも過去に観ている山口祐一郎さんのトートのイメージが付きすぎているのか(笑)あの柔らかさと強さを持った声の表情は山口さんの方が好きかなと。

おそらく、今後しばらくはトート役をやっていくでしょうから更に井上くんらしいトートを見せてもらえることを楽しみにしています。

ルキーニ・・・尾上松也
この役も初演からずっと高島政宏さんが演じていらしてイメージが付いてしまっています(笑)。

松也くんの歌をちゃんと聞くのは初めてです。
とっても良い声が出ていました。
良い意味で予想通りのルキーニです。

こうなったら、山崎育三郎くんの方が意外性があって良かったのかも~と思ったりしますが・・・演技力も必要な役なので。

ルドルフ・・・京本大我
今回のキャストでは京本くんが選ばれた事が一番の驚きでした。

確かに見た目は皇太子風でもあるし、身長もあるし、上品なイメージも備わっていると思うのですが、私の知る限りそれほど歌が上手い印象がなかったので、歌がメインの作品に出られるとは・・・。

出番は多くないけどとっても重要な役です。
よくがんばってると思います。
心配していた歌もまあまあ。
私なりに合格点をあげられるくらいには良かったです。


演出的には、ルドルフの最期のシーン。
前回まではトートからキスをして黄泉の世界に連れて行く~と記憶していますが、ルドルフからキスをするという形になっていました。

ということは、ルドルフ自身が黄泉の世界に望んで逝ったという解釈で、最期の笑顔とも繋がるのかなと思いながら見ておりました。


次があるのかわかりませんけど、雰囲気はとっても良いので是非また、今度はもう少し声量を付けて、歌に安定感のある京本ルドルフを見てみたいです。


あと、今回2階席からの観劇だったのですが・・・
今までルドルフ役の役者さんは1幕のはじめに出た後、2幕まで出番はないと思っていましたが、途中アンサンブルで出ている事に初めて気づきました。

きっと今までも出ていたんですね。
前列に出てきて歌ってるんですけどね。
全然気づきませんでした[あせあせ(飛び散る汗)]

 フランツ・・・田代万里生
役的に、年齢を重ねていくにつれて低い音域も多くなっていってテナーパートの万里生くんには辛そうではあるんですけど、フランツのシシィに対する揺るぎない永遠の愛の表現に思わずウルっときてしまいました[たらーっ(汗)]

万里生くん、演技の幅がどんどん広がってます。


エリザベート 8/20マチネ その2 [観劇]


シシィ(エリザベート)・・・蘭乃はな

宝塚退団後、初めてのミュージカル出演だそうです。

(ここからは、かなりな辛口含みます[ふらふら]

私の過去の観劇経験から、宝塚を退団して初めてのミュージカル出演という女優さんには、歌・ダンス・タップダンスの過大な期待はしないことにしています。

それでも、女優として発声も習得して音域も広くなりすばらしい歌声を聞かせてくれる方はたくさんいらっしゃいますし、公演を重ねるごとにどんどん良くなってきた方もいらっしゃいます。

娘役さんだった方は、男役だった方からすると比較的スムーズに舞台女優へと転身していらっしゃるとは思いますが、それでも地声の音域を広げたり、ファルセットへの切替に苦労されているような方も見られます。

なので、宝塚退団後の初舞台(初ミュージカル)というのは大変なことだというのはわかっているつもりなのですが。。。

蘭乃さん、まず発声がとても不安定です。
(すべてにおいてこれに尽きるのだと個人的には思います[バッド(下向き矢印)]

地声~ファルセットを切り替えるのもスムーズではないですし、自分が得意とする音域では、やたらと大きな声になります。(これは誰でもそうだとは思いますが、だからこそ調節が必要になってきます)

大きな声は出るんですけど、声量はあまりないような気がします。
でも歌う時には出る声をめいっぱい出す。
だから声はきれいではない。

時々、ファルセットがとってもきれいに延びていることもあるのですが、なぜか途中でひっかかったりします。なんでそこでひっかかるの?ということが数度。
(それも発声が不十分だからかと推察)

めいっぱい出す声には余裕がない。
余裕がないと表現力が乏しくなる。
(歌の強弱だけで表現しようとする)

歌に表情がない。

そうなったらもう聞けるものではありません。
とっても良い曲なのに、主人公が一番言いたいことなのに、こちらに全く伝わってきません。

この作品は歌がメインです。
台詞が歌となって曲と共に表現されていく作品なので歌(台詞)がきちんと伝わらないと役として成り立たなくなります。


それから滑舌も良くないです。
初めの場面から歌も台詞も、どうも聞き取りにくいなぁと思っていたのですが、後半老年になってからの場面で低い声での台詞が増えると滑舌の甘さが気になりました。


ご本人、プレッシャーもありながら一生懸命がんばっていらっしゃるとは思うのですが、観ている、聞いている者にとってはちょっと残念なシシィでした。

トートダンサー
2階席から観ていたからかもしれませんが・・・
ちょっとレベル落ちましたか?

なんとなく、迫力を感じる場面があまりなかったような。
もう少し怪しい、怖い雰囲気を出していたような気がしたのですが。。。

実は第1希望で申し込んだ公演のシシィ役は花總さんでした。
花總さんは「モーツァルト!」や「レディベス」などを拝見していたのでシシィ役もきっとぴったりだろうと思っていました。

そういう意味では花總シシィは観たかったのですが、なんせ日にちの選択肢があまりなかったので、今回は先述の3人のキャストを優先させてもらいました。


城田優くんは、以前観た舞台ではあまり歌が上手いという印象ではなかったので今回もパスしたのですが、写真のイメージや同時進行で撮っているドラマを見ていると(もちろん役は全然違いますが)雰囲気的には城田くんも良いかなと思ってきました(笑)。


来年、地方での上演も予定されているという噂も聞いているのでその時には複数回観られるように出来れば良いなと思っています。


20周年 [20th Century]

お久しぶりです。
前回はいつだったのかと見てみたら・・・
「ON THE TOWN」上演発表の時だったようです。

作品は大好きなんですけど、トニセンじゃなくても良かったかなと思いつつも、青山劇場最後ということもあって東京まで見に行きました。[るんるん]


そして今年はV6の20周年という節目の年。
先日には20年間のシングルを集めたベストアルバムが発売、
24時間テレビのチャリティパーソナリティにも選ばれて近年まれに見るメディアへの露出ぶりです(笑)。(関西では深夜の番組も坂本くんの「OneDish」も放送されていないので余計に感じます)

このブログも1年ほどさぼっていましたが、これをきっかけに少し再開していきたいと思っています。

相変わらず、観劇数は少ないのでジャニーズ話しも絡めますがまた良かったらご覧下さい。


今月は、今年初の東京遠征をします。
「エリザベート」

例年、東京公演の後は名古屋・大阪・福岡などで上演されていたので今年もてっきり来てくれるものと思ってのんびりしていたら東京公演のみとのこと。
気づいた時には6・7月の一般発売は過ぎていました。

しかもほぼ完売状態。

一番の理由は東京公演のみだから なんだと思うのですがそれにしてもすごい人気です。

結局、未だ発売していなかった8月公演を観ることにして劇場の先行発売に申し込んだところ、外れ。

仕方無くチケットサイトの先行での入手となったのですが、ここでも第1希望が落選という予想外の展開。

一応第2希望も書いておこう くらいの気持ちでいたのに、第1希望は本当に外れてしまいました。

週末の公演希望ではありましたが、それでも外れるということは過去に一度もなかったので、びっくりです。

チケットを取れただけ良かったのかしらと思うことにして来週行ってきます。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。