So-net無料ブログ作成

Murder for Two 5月26・27日 森ノ宮ピロティホール [20th Century]

坂本昌行・松尾貴史

オフブロードウェイ。2人だけのミュージカルコメディ。
2人でピアノを弾き、13役をこなしてお芝居をするという忙しい作品です。

坂本くんは殺人事件の容疑者を10役、松尾さんは警察官3役。
必然的に坂本くん、大変です。

大変ですが、とっても楽しい舞台でした。
ずっと笑っていたような気がします。

コメディではありますが、ミステリーでもあるのでネタバレは控えて坂本くんの印象を少し。(辛口込み)


老若男女を何役もこなすと聞いて・・・
坂本くん好きではありますが、演技に関してはあまり期待はしていない私は不安でしかありませんでした。

なんせ登場人物は2人だけ。しかもお相手は松尾さん。
声は良い、物まね得意(というか本職)。
未だにどうしてこの2人なのかよくわかりませんが、歌・ダンス・見た目(今回この見た目がある意味重要)は坂本くん。お芝居の流れを作るのは松尾さん 的な役割なのかなぁと思います。

とは言っても10役を演じ分ける坂本くんは凄いです。
相変わらず滑舌は悪いので始めはそればっかり気になってしまいましたが、時間が経つにつれて「すごいよー坂本くん!」という気になってきました[ぴかぴか(新しい)]

10役のうちの何役かはその役の声で歌があって、それがなかなか大変。
けっこう喉を使って無理な発声のまま歌ったりするので大丈夫かなぁと心配になります。


東京で観る予定の友達にも「珍しく大絶賛やね~」と言われたのですが、そこは「大 じゃないけど~絶賛 くらいかなぁ」と言っておきました(笑)。

やっぱり滑舌。
職業柄気になるんですねぇ。これはしょーがないです。
気になるものは気になるので。

2日目なんて初っぱなからグダグダ。
中盤では流れが止まってしまいました。

まあコメディなのでそれも笑いに変えながら詰まったら相手がフォローして繋いで行くんですけどね。

とにかく楽しい、よく出来ている舞台です。
坂本くんファンは、彼の動きを見ているだけで楽しいと思います。
松尾さんも関西人独特の良い”間”を作れる方なので低い声と共に私のツボでした。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。